Welcome to my blog

かわいいものmemo

かわいいものをご紹介。

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 くまのパディントン

くまのパディントン

日本では上映ないのかと思っていたら、
1年後に公開。
でも、人気みたいで当日に席を予約しようとしたら、
字幕も吹き替えもほぼ満席。

子供の頃から大好きなパディントン。
考えたら言葉を話せるクマがペルーから密入国という
とんでもない設定ですが、そのあたりも比較的上手く
オリジナルシーンを加えてなんとかしてありました。

感想は、ネタばれは一言もゆるさん!という方のために
たたんでおきます。
(そんなネタばれしてないと思うけれど・・・。)

くまのパディントン Mr.ビーンとピタゴラスイッチ。
そして、元旦那のパロディを
アカデミー賞受賞女優に演じさせるところが
イギリス流のブラック・ユーモア。
移民問題で揺れているヨーロッパですが、イギリスも移民の多い国。
ラストに流れる曲のように、
色々な国の人が独自の文化や
価値観を曲げることもなく共存していければいいのにね、という
子供向けのようだけど大人が見ても楽しくて、
そして、少し考えることも出来る映画だと思いました。

残念だったのは、パンフやグッズがかわいくなかったこと!
映像はブラウンさんの家がドールハウスのようになっていたり、
グルーバーさんのお店の様子などかわいいシーンも
てんこもりなのに・・・。
パンフはパディントンのスーツケースの形にしたら
かわいかったと思うんだけどなー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。